【腱鞘炎】 できれば手術は避けたい

最近、当院に 腱鞘炎 を訴えて来院されるクライアントさんが増えています。

20代から50代まで年齢層や性別に関係しませんが、共通点は「同じ作業や動作を長い時間続けている」ことです。

 

a0002_012129



症状が進むと 《ばね指》 も起こすようです。

この病は、手や指を動かす「腱」のスジと「鞘」のサヤの間に疲労物質などが溜まって、円滑な動きができなくなったことで痛みが出ることが原因。

しかし、その原因を改善するには痛む部位をマッサージしても治りません。治癒させるには正確に痛みの反射点を掴むことキーポイントです。


コメントを残す

このページの先頭へ