高齢者の【交通事故】 誤った認識

この数週間、高齢者による悲惨な交通事故が新聞やTVで報じられています。


まさに、高齢化時代突入、地方と都会との生活環境格差、、などから今後こうした問題の増加が懸念されます。



しかし、『交通事故って、本当に高齢者だけの問題なのか?』と、かねがね疑問に思っていました。


案の定、そうではなく、高齢者より20代の若い人たちの事故のほうが圧倒的に多いという情報【年齢別事故】をみつけました。


言い方は悪いですが、ある種大衆受けする情報を報じているマスコミのスタンスを垣間見た気がしています。


今後の交通問題を論ずる場合、真実を踏まえた議論をしてほしいと思うのです。

 

 

 

友だち追加

コメントを残す

このページの先頭へ