【多剤服用】とリテラシー

何日か前、高齢者の多剤服用による副作用の問題をTVのニュース番組で観ました。

薬に頼って10種類以上の薬を毎日飲んでいる高齢者が日に日に不健康になっていく様子を診た医師が減薬させたところ健康を取り戻して、、といった内容です。


そして、今朝の新聞にも載っていましたが、
実際に私のクライアントさんの中にも何種類もの薬を同時服用している方が何人もいらっしゃいます。

 

多重服用

 

私は医者ではないので、『減薬したら?』とは言えませんが、ご本人は明らかに《薬信奉者》



基本的には患者さん側のリテラシー不足の問題でしょうが、
クスリを出し過ぎる医師や医療機関も多いようです。



基本的に、人の身体は様々な機能を動員して、内外の環境に応じて健康バランスを取ろうとするシステムが備わっています。


そして薬とは、片側効果しか利かないモノ。


『過ぎたるは及ばざるがごとし』、、
飲み過ぎは生まれながらに備わっている「自然治癒力」というシステムにとって、時として有害です。

 

 

 

友だち追加

コメントを残す

このページの先頭へ