冷えた体には、、【風呂の効用】

寒さはピークを越えつつありますが、
冷えた体には風呂の有難さをつくづく実感させられるのもこの季節でしょう。


ところが、クライアントさんの中には、
『私は風呂には入りません!』と仰る方もいらっしゃいます。

『えっ?』(と私)


『最近の若い人は風呂ではなく、シャワーでしょう』(とのご説)


私は古い世代なので、シャワーで済ませる入浴?は信じられないわけでして、、。


今更申し上げるまでもありませんが、
風呂には、
身心のリラックス、
低体温対策、
入眠促進効果、
等々たくさんの効用があります。



a0002_003961


特に、日頃から低体温に陥っている人は、
風呂で「体を温める=免疫力Up」、
「血管の膨縮機能を蘇えらせる=血圧正常化」
などの効果が期待できますので、
こまめに入浴されることをお薦めしています。


入浴温度は好みによりますが、
我が家では冬は42℃、夏は40℃と、やや熱めを習慣にしています。

そして、湯船には10分以上しっかり浸かると冬でも身体がポカポカです。


また、体内深部体温が1℃下がると眠気が発生しやすいので、
入浴後は冷えないうちに床にはいることも気を付けたいものです。


 

友だち追加

 

コメントを残す

このページの先頭へ