【日本の癌治療】なぜ死亡率が増えているの?

 

日本は先進国の中で癌死亡率が唯一増え続けている国です。

世界最先端と言われている検査や、「手術」「放射線」「抗がん剤」を駆使されているにもかかわらず。


一方で、医者自身やその家族が癌に罹患した時、99%以上の医者は「抗がん剤は使わない」(医師 川嶋朗氏著《医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか》)のだそうです。


日本のガン治療は、どうなっているのでしょうね。



https://dailyrootsfinder.com/alternative-therapies/






コメントを残す

このページの先頭へ