【喫煙】今更、、

日本では「受動喫煙」によって、年間 15,000人も亡くなっているそうです。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000130674.pdf

81bbf87f125063d2673b972e2aa5f921

私の周囲でも、友人の1人が『自分はヘビースモーカだが、タバコを吸わない妻が肺がんで亡くなった』と嘆いていました。
これには本当にびっくりしました。
ひとの命に係わることなのに、無知とは怖いです。

a0002_008552



オリンピックパラリンピックを2年後に控えて、国際的にも国内的にも受動喫煙を無くす運動が叫ばれている昨今ですが、まだまだ飲食店やレストランで煙を浴びてしまう店が目につきます。

最近のことですが、都内代々木駅近くの某レストランで昼食中、周囲に居た女性客数人が突然タバコを吸い始めて、あまりの無神経さに家内との食事を途中で止めて退散しました。

店のマスターが『お味は如何でした?』と我々に質問。
中座したので、味に不満でもあるのか聞きたかったのでしょう。

余りの無神経さに、『タバコの煙で砂を噛む味だ』と言い捨てました。

もうこの店には二度と入らない、と思いましたね。




ところで、1週間ほど前、某大学のOB会の席で、私は《健康に関する講演》をしました。

約1時間のレクチャーが終わったところでの質疑応答時間に入って間もなく、70代男性から『タバコは(健康に対して)どうですか?』の質問。
驚きましたね!いまだこんなレベルなのには。



因みに、『ハワイでは、喫煙者は麻薬常習者と同類』と、30年以上前にハワイ滞在中、現地の人から注意を受けました。

日本は受動喫煙に対する認識が希薄過ぎます。
是非、今後変わっていってほしいものです。






コメントを残す

このページの先頭へ