本当に怖い!【熱中症】

気象観測史上まれに早かった今年の梅雨明け。

その直後から、命を脅かしかねない熱中症への警戒が叫ばれている猛暑です。

それにしても、
毎日のように報道されている熱中症やそれが原因で亡くなられた方が多いこと。

罹患された方々にはお気の毒という他ありません。


a0002_000462



実は、他人ごとではなく、私自身熱中症に罹った経験があります。

それは、10年ぐらい前の夏、
山形と秋田の県境にある鳥海山に登るべく車を走らせて6時間ぐらい、途中立寄った芭蕉の俳句で有名な「山寺」(立石寺)での出来事。

車を下立ったら激しい眩暈と吐き気に襲われ、まともに歩けないのです。

山寺には景観が楽しめる東屋があって、
入口から100m位登らなければならないのですが、私はギブアップ。
家内ひとりに楽しんでもらいました。


しかし、そんなあり様でも当時原因が分からなかったのですが、今思うとそれは熱中症。
そうなった原因はクルマの運転中、殆ど水を飲まなかったためです。


「無知」とは恐ろしいもので、『せっかく来たのだから』の勢いで、翌日体調不良のまま鳥海山山頂を目指して登山を開始。

が、9合目まで登って山頂を目前にしながらそれ以上登る気力体力が尽きてしまい、あえなく撤退の憂き目。


その後数日、悔しさと体調不良に苛まれました。
体験して分かったのですが、その熱中症からの回復に私は4日以上かかりました。

怖いですよ!熱中症。どうぞ、くれぐれもお気を付けください!
                       
                                   

 

コメントを残す

このページの先頭へ