歴史感がたっぷり【RUFFLES HOTEL】

シンガポールには2度行っているのですが、
かの名門ホテル《ラッフルズホテル》に一度だけ
ディナーを摂りに訪問したことがあります。

IMG_9552 (300x400)



つまり、泊まってはいません。
せっかく行ったのに。

何年前だったか正確には憶えていませんが、
印象深いのは、エントランスで、インド式正装をした
ドアボーイが慇懃に出迎えてくれたことです。

訪問する前にすこーし「事前学習」で臨んだので、
その丁重な出迎えぶりは知っていたのに、
私たち夫婦は大いに緊張してしまったのでした。

『ここに泊まりたかった、、ね』などと話しながら、
ホテルのお勧めディナーで楽しいひと時を過ごしました。


ここは、たしか往時の東インド会社が綿花を栽培製品化
する工場の女工さんたちが寝泊まりしていた建物を改築
した、、と聞いていますが、広大な建物の中の何処にでも
たっぷりな英国風歴史感が漂っていました。


今月シンガポールで開催が予定されている「米朝会談」ですが、
準備を告げる報道画面で見ていると、
開催場所はおそらくこのラッフルズホテルではないか、、と
想像しながら、むかしの旅を思い出しました。











 

 

コメントを残す

このページの先頭へ