【体内時計】生理的リズムを司る生体器官

太古より私たちの生活は「暗くなると寝て、日の出とともに起きる」という天体の動きと同期してきました。

そのため、身体の中にはある種の時計機能が刻まれてて、それを【体内時計】と呼びます。

その時計は何処にあるのか?

それは、大脳の深部にある抹消時計を統括する「視交叉上核」とリズムを刻むホルモンをだす「松果体」と言われる器官です。

ここで、ちょっと知っておきたいことは、この時計の周期は1日より少し長い25時間なのです。

では、いつ24時間に修正するのか?
それが、朝日を浴びた瞬間と言われています。


a0001_017976

まさに、私たちは太陽によって支配された身体なのですね。

この自然の周期を乱すと身体が不調になり、、病気にも繋がります。


昔から『規則正しい生活』をきつく言われる所以です。


コメントを残す

このページの先頭へ