【ダイエット】 1日1食・少食の薦め 

世は飽食の時代と言われて久しいですね。
そう思わない方もいらっしゃるかもしれませんが。


一方、「肥満は生活習慣病の元凶」 と忌み嫌われながら
なかなか改善でず、癌や高血圧、糖尿病など生活習慣病は
増え続けています。


そして、この肥満に絡むのが 《乱れた食生活と運動不足》。
なかでも、食べ過ぎは深刻な原因でしょう。

 

a0002_006624




言うまでもなく、摂食したカロリー分を消費できれば問題はな
いのですが、度を超えた過食は代謝できず体内に蓄積され、
消化器官や循環器官、神経細胞に災いし、あげくは免疫力を
衰えさせ、万病へとつながるわけです。


最近では、芸能界やスポーツ界の著名人の中には、
《1日1食主義》 の方がいらっしゃることを最近知りました。

例えば、アクションスターの千葉真一さんから 『私は1日1食』
と直接聞きました。

ビートたけしさんやタモリさんも 《1日1食》 だそうです。


陸上の為末さん、横綱の白鵬関も、一食ではないようですが、
試合前は断食するとのことです。

この食事を減らすことは、肥満の回避だけでなく、運動神経の
働きや脳の働きがよくなる(ex,頭が冴える)からなのだそうです。


そうしたことから、私は『食事の量と健康は逆比例』 ではないか
と最近思っています。



いっぽう、少食や減食で効果をだすにも、《質の良い食事》
でなければ無意味。


例えば、ジャンクフードと称される簡便食の氾濫で栄養が偏り、
多くの人がミネラル不足になっていると云われます。


なので、質の良い食材にも眼を向けたいものです。



かく言う私は、この約1年間 「1日2食」で過ごしてきました。

おかげで、風邪やインフルエンザも無縁。殆ど病気知らづです。

自慢話になって恐縮ですが、74歳で薬を一切飲んでいません。
せいぜい 《養毛剤》 ぐらいです。(笑)



ところで、
半月ほど前、船瀬俊介著『やってみました!1日1食』 を読み
千葉進一さんを思い出し、『自分でもやってみよう』 と決心。

2食から1食へスイッチしました。

やってみると、危惧していた空腹の辛さは軽く、唯一の夕食が
待ち遠しくもあり美味しくもあり、新しい心境を楽しんでいます。




『栄養失調や体力不足は?』 と言われそうですが、
「趣味の登山には応える体力は持ちたい」と思いながら夏山シーズン
を楽しみにしている昨今です。




なお、この機会に、、
白米は止めて玄米(ex.写真の焙煎玄米粉)に、
甘味飲料はゼロに、
動物性たんぱく質(肉類)はなるべく植物性たんぱく質(野菜)に、
発酵食品を多く、
アルコールは蒸留酒を少々、、など、
食材の工夫も楽しみの材料です。


IMG_6107 (300x400)


身体の芯からのダイエットをお考えでしたら、、、、
この 「少食化減食作戦」を参考になさってみてはいかがでしょうか。










コメントを残す

このページの先頭へ