健康寿命を延ばすために、メッツ 【METs=代謝当量】 を意識しましょう



今回は「METs」という少しお堅いお話です。

METs(Metabolic Equivalent)とは「代謝当量」という意味なのですが、
「運動や活動するとき、安静時に比べたカロリー消費比率」を指します。


たとえば、
立ち話や電話や読書は METs 1.5(安静時の1.5倍)、
散歩や掃除は METs3(安静時の3倍)、
自転車では METs4(安静時の4倍)、
ジョギングだと METs7(安静時の7倍)、
などです。

 

a0002_001600 (249x390)



そこで、厚労省が薦める生活習慣病や生活機能の低下
の危険を避ける目安は 23メッツ×時間/週、だと言われるのですが、
これ、よく分かりませんね。

これを少し分かり易く言いかえると、
毎日の活動(運動)時間はおよそ次のようになります。

◇立ち話や電話や読書だと、毎日2時間

◇散歩や掃除だと、毎日1時間

◇自転車だと、毎日40分

◇ジョギングでは、毎日30分

になります。


これだとちょっと意識したら出来そうに思えませんか?

いちど、日頃の活動や運動を見直してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ