【更年期障害】 症状と対応


IMG_5106 (554x640)


多くの女性は、50歳前後で閉経を迎えることから、女性のイライラサイクルの一時期、閉経を挟んだ前後10年、おおむね45歳~55歳を更年期と呼んでいます。

更年期障害とは閉経に伴い卵巣の働きが衰え、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少することから起こります。

のぼせ、発汗、冷え、不安感、イライラや憂鬱、不眠、めまいや動悸、頭痛などがあらわれ、気力が無くなったり、物忘れがひどくなることもあります。



注意すべきは、更年期障害とよく似た紛らわしい症状もあり、中には重篤な病気に発展する恐れのある症状もあります。

不安を感じたら、自分で更年期障害と判断せず、先ずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。



IMG_5107



出典:日本整体施術協同組合



コメントを残す

このページの先頭へ