四文字熟語 【医食同源】 食材の効用

a1180_015330



古来から 『医食同源』 という諺があります。

これは、バランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、
治療にもつながるという考え方です。

わが家では日頃この考え方を大切にしていますが、
実は数年前から私の妻が参加している《自然食材品の勉強会》に、
私も飛び入り参加して「症状別の食材効果」、略して《食効》という知恵を最近知りました。

一部例を挙げると、

◇せき・のどの痛み  タマネギすりおろし+蜂蜜を咽喉や胸に湿布する。
◇扁桃腺・口内炎  ごぼうの根や葉を煎じた液でうがいする。
◇胃のむかつき    生姜のしぼり汁を飲む。
◇口臭         緑茶と一緒に梅干しを食べる。
◇二日酔い      番茶に2~3gの塩を入れて飲む。
◇湿疹・あせも・かぶれ  ごぼうのおろし汁を塗る。ごぼうをお風呂に入れる。
◇軽いやけど     卵白を塗る。

お読みいただいて、興味がありましたら、参考にしてみてください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ