メタボ対策 【肥満はこわい病気】 内臓脂肪を知ろう

IMG_4977 (304x350)

 

 

肥満は諸病の要因

私たちのからだは、年齢とともに筋肉量や骨量が減り、年々からだを支える力が弱くなっていきます。

そこに肥満が加わると、骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こしやすくなります。


さらに、肥満との関係でもっとも注目されているのが、「糖尿病」「高血圧」「心臓病」「痛風」「腎臓病」などの生活習慣病です。

また、これらの病気が重複して発症するメトボリックシンドロームとも、密接な関係あります。



肥満を放置していると、こうした生活習慣病を悪化させ、血管を脆くしたり傷つけたりして、やがて動脈効果を引き起こします。

その結果、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へと進む原因ともなります。


そうならない為にも、毎日の生活に適度な運動をとりいれて、脂肪の付きにくいからだをつくりましょう。


IMG_4977a

 

 

 

出典:日本整体協同組合

コメントを残す

このページの先頭へ