【夏バテ】 夏の暑さに負けないからだづくり

◇夏バテとは、、

高温多湿の夏にからだが対応できなくなり、体調がすぐれずだるい、食欲がない、胃腸の調子が悪い、下痢をする、体重が落ちるなど、、夏に起きる体の不調が夏バテです。

原因として考えられるのは、室内外の急激な温度差による体温の調整不良、発汗によるビタミンやミネラルの消耗、食欲減退による栄養不足、冷たい飲み物の摂りすぎによる消化機能低下、暑さによる睡眠不足、などにより体力が著しく消耗されたことなどが考えられます。

その結果、免疫力が低下して、夏風邪に罹ると咽喉の強い痛みと下痢を引き起こしやすくなり、微熱が続いたり全身がだるく倦怠感がでたりします。

そこで、毎日の生活をちょっと工夫するだけで、夏バテは防げるものなのです。
暑い夏を元気に過ごすために、夏バテの原因とメカニズムを知って、予防しましょう。

IMG_4874 (702x800) (439x500)

◇予防方法

1)栄養価の高い食事を摂ろう。
暑いと食欲が減りやすいので、量より質に重点を置いた食事に心掛けましょう。
特に、疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ネギ、山芋などの良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの  食材をしっかり摂りましょう。

2)室内での過ごし方を工夫しよう。
室内エアコンを「除湿(ドライ)」にするだけで、不快感は和らぎます。
冷房にする場合には室内外の温度差を6度以内に。
温度差が大きいと自律神経の働きが乱れやすくなり体調を崩す原因になるからです。
冷房の温度調整ができない環境だったら、風向きを調整したり、上着を羽織るなど、体温調整をしましょう。

3)疲れをしっかり取ろう。
疲れをためないことが一番の夏バテ対策です。
なるべく早い時刻に就寝してぐっすりと眠り、翌日に疲れを持ち越さないように気を付けましょう。
熱帯夜の時は、起床の1時間前にスイッチが切れるよう冷房のタイマー調整をします。
その時の温度は27~28度が適当です。
また、寝る前に軽い運動をすることで適度な疲労感が快い睡眠を誘います。



以上、出典は日本整体施術協同組合からです。



 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ