【梅雨明け】 間近な予感 メダカも元気!

 

IMG_4838

 

私の住む神奈川県では雨不足な感じですが、西日本特に九州では豪雨に見舞われているようで、被災またはご不自由されている皆さまにはお見舞い申し上げます。


神奈川県では県央部に丹沢山系を、西には箱根連山を抱えていますので、よほどの乾季でもない限り渇水に見舞われることはないのですが、首都圏の水瓶、利根川水系では雨量が極端に少ないので水不足が懸念されています。


ここ数週間を振り返って、曇天が続き、スコールのような集中雨はありましたが、今年はやっぱり雨不足で、梅雨らしさがないまま明けてしまいそうな気配です。


7月に入って、私の治療院ではクーラーが欠かせないほど暑い毎日です。

そこで、少しでも涼感をと思って、テーブルの上に卵からかえったメダカを相棒にしているところです。
もうすぐ孵化後3週間になります。

『あっ、大きくなっている』、、と、来院されるクライアントさんから《感動の声》もいただいています。


最近では、朝仕事場に入ると、メダカ君たちの水の手入れと餌やりが最初の仕事になりました。

「大きくなれよ!」と念じながら、、、楽しい作業です。













 

コメントを残す

このページの先頭へ